パナマ アルコイリス農園 プリンセスファンカ  中煎り 200g
5ff82213f0b1080a0f0fbaf2

パナマ アルコイリス農園 プリンセスファンカ  中煎り 200g

¥1,400 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま(おすすめ)

  • 粉にする:中細挽き(ペーパー/コーヒーメーカー用)

  • 粉にする:粗挽き(プレス用)

生産情報 栽培地: ボケテ地区 チリキ 農園面積:84ha 農園主: ミレヤ・モスコソ女史 (パナマ初の女性大統領(1999~2004年在任)) 品種: カツアイ種、カツーラ種 標高: 1100~1525m 土壌: 肥沃な火山灰 収穫時期: 1月から3月 生産処理: 水洗方式(FW)、天日乾燥 ■パナマ アルコイリス農園 プリンセスファンカ 200g ■焙煎度 中煎り パナマらしい華やかさと優しい花の甘み、鼻を抜ける香りが とっても春らしいフローラルなコーヒーで、すっきりとした甘い後味が特徴的です。 ゲイシャ種で最近話題のパナマですが、パナマのコーヒーはその甘い風味で日本の消費者に親しまれてきました。 コスタリカ国境沿いのボケテ地域は、コーヒー生産で最も有名な地域です。 アルコイリス農園は品評会でも上位を占めるボケテ地区にあります。農園は別名レインボー農園と呼ばれるほどに、夏には幾重もの虹が架かる多雨な環境にあります。 現在の農園主は、ミレヤ・モスコソ女史で、1999~2004年までパナマ初の女性大統領として活躍されました。 モスコソさんの夫であるアルヌルフォ・アリアス氏(この方も三度大統領に選出された方です)がこの土地を非常に気に入り、1951年にアルコイリス農園を設立しました。 農園では、開園当時から今でも、現地の先住民であるンガベ族の人々が高品質コーヒーの生産を担っています。アルコイリス農園のコーヒーには、生産を担ってくれているンガベ族への感謝の意を込めて、ンガベ族に伝わる伝説上の王女である『プリンセス・ファンカ』の名前を冠しています。 ・配達は郵便受け(ポスト)への投函で完了します。宅配便のように手渡しではありません、また配達日時の指定ができませんのでご了承ください。 ・お届けまでの日数目安はゆうパケットの場合、発送日の翌日~3日後です。 ・代金引換決済はできません。